PROFILE
Yoshida

吉田麻也

(よしだ・まや)

1988年8月24日生まれ。長崎県出身。3人兄弟の末っ子、三男として兄2人と育つ。
小学校2年生の時、地元の南陵FCでサッカーを始める。6年生の時に、Jリーグ名古屋グランパス下部組織のセレクションに合格。兄と愛知に引っ越す。
名古屋グランパスのU―15(ジュニアユース)からU―18(ユース)に進み、U―18ではキャプテンも務め、2006年に高円宮杯全日本ユース選手権で準優勝。翌2007年にトップチームに昇格。名古屋とプロ契約を結びJリーガーとなる。
プロ1年目から、当時のセフ・フェルフォーセン監督に見いだされセンターバックとしてJリーグ公式戦でプレー。1年目はJ1リーグ19試合に出場した。
2008年に就任したピクシーことドラガン・ストイコビッチ監督のもとクラブでレギュラーとなる。急成長を遂げ、夏の北京五輪代表入り。日本は1次リーグで敗退したが、最終戦のオランダ戦に出場した。
2009年は背番号が34から4に変更された。DFの要へと成長し、同年12月にオランダ1部のVVVフェンロに完全移籍する。
2010年1月には、アジア杯最終予選イエメン戦(サヌア)で日本代表に初招集され、国際Aマッチデビューを飾る。
VVVフェンロでの1年目は怪我もあり、2010年10月のフローニンゲン戦でようやくエールディビジ(オランダ1部)デビューを果たす。
2011年1月には日本代表としてアジア杯カタール大会で優勝。イタリア人のアルベルト・ザッケローニ監督のもとセンターバックのレギュラーとしてプレーする。
日本代表にも定着した2011―2012年シーズンはVVVフェンロでもレギュラーとしてリーグ32試合に出場し5得点。1部残留に大きく貢献した。
2012年夏のロンドン五輪で、オーバーエージ枠で代表入り。キャプテンとしてチームを引っ張り、日本をベスト4に導いた。
ロンドン五輪での活躍もあり、同年8月に英国プレミアリーグのサウサンプトンFCに完全移籍。9月15日のアーセナル戦に途中出場し、プレミアリーグデビュー。
2014年にはW杯ブラジル大会の日本代表に選出される。1次リーグで敗退したが、同3戦すべてにフル出場した。
ニックネームはマヤ。身長189センチ、体重は81キロ。好きなサッカー選手はスティービーGことスティーブン・ジェラード(元リバプールFCMF)

BOOKS
  • 旅するサッカー

    Tabisuru
  • 増刊! マヤニスタ

    Mayanista